WEBライティング技能検定を受けてフリーライターとして働こう

勉強

ITエンジニアを目指す

神戸電子専門学校では、数種類のIT学科を設けています。高度なIT技術者を目指したい場合には、4年制のITエキスパート学科、ITエンジニアを目指したいのであれば、3年生のITスペシャリスト学科など、目的に合わせて選ぶ事ができます。オープンキャンパスや体験入学を行ってるので、参加してみると良いでしょう。

PC操作

WEBライターとしての

文章を作成する力が身につくWEBライティング技能検定に合格すると、クラウドソーシングに多い記事作成の仕事がしやすくなります。また、WEBライティング技能検定に合格すると、合格した人には特典が付与されるので収入に結びつきやすいメリットもあります。

勉強道具

ライティングの資格を取る

クラウドソーシングが急成長しており、WEBライティングで副業する人が増えています。民間資格検定のひとつWEBライティング技能検定は、WEBライティング技能検定講座の教材を購入した人が対象となる試験であり、教材でWEBライティングの基礎や技術を学ぶことになります。

独学で得られない基礎知識

PC操作

成果物の品質向上にも

WEBライティング技能検定は、WEBに特化したライティングならではの知識が身につきます。WEBライティングでは、文章として紙媒体に書くものとは異なるルールを持っていることから、専門的な勉強が必要です。多くの人の目に触れることが前提のWEBでは、言い回しや言葉のニュアンスも異なります。さらに検索エンジンの持つ傾向を理解しておくことも必要でしょう。ペナルティの対象になる文章作成は避けたほうがよいですし、著作権の問題も把握して作成することが基本です。WEBライティング技能検定の勉強では、著作権の対象となる商品名などの使い方を確認することができます。現在一般名詞のように使っている言葉が、固有名詞であることもWEBライティング技能検定の勉強をしないと、気が付かないことが多いです。さらに、検索エンジンの傾向が理解できると、ペナルティーを避けるだけでなく、SEO対策としても有効なライティングが可能になります。医療や健康、美容に関しては、医薬品医療機器等法に関する知識も欠かせませんが、独学ではカバーしきれません。しかし、WEBライティング技能検定は、WEBでライティングをする際に、基本となる知識を身につけ、その応用方法まで学習できます。WEBライティング技能検定の取得をしておくと、ライターとしての信用度も上がるので、集客の意味でも効果的です。在宅でも出来るライターの仕事をしたい場合は、WEBライティング技能検定で基本となる知識を身につけましょう。