WEBライティング技能検定を受けてフリーライターとして働こう

ライティングの資格を取る

勉強道具

検定講座の教材で

近年、クラウドソーシングが急成長しており、副業としてWEBライティングやWEBデザイナーをする人が増えてきています。その仕事が得意な人に依頼する方法である仕事の仕組みは、資格などは必要なく、好きな時間と場所でできるということが魅力で注目されています。資格は必要ないと述べましたが、最近は民間資格が存在し、その資格を取得していると技術や知識があるということの証明となります。民間資格のひとつ、WEBライティング技能検定は、日本クラウドソーシング検定協会が行っていますが、WEBライターとしての技能を問われる試験内容となっています。ライティング技能の向上、スキルの証明を目的としており、また合格者特典が得られることもメリットです。WEBライティング技能検定は、WEBライティング技能検定講座の教材を購入した人が対象の試験となっています。ですから、WEBライティング技能検定を受けるには、この教材で学習することになります。教材は基礎編と実践編に分かれており、基礎編では社会人としてのマナーや一般常識、クラウドソーシングの仕組みや働き方の理解、実践編ではライティング技能について学ぶ内容となっています。初心者や文章を書くことに自信のない人でも取り組んでいける教材となっています。WEBライティング技能検定に合格することで、WEBライティング実務士の資格を得ることができ、仕事を委託する側へのアピールとなります。